開く原因は日常生活の習慣が元に

女性の方、特に出産をご経験された方は、出産で開いた骨盤を戻そうと、骨盤矯正に通われたり、骨盤矯正コルセットをつけてみたりと色々と努力されているにも関わらず、骨盤が開いたままで体のバランスが崩れて歪んでいる方が多いです。出産後9割近くの女性は、骨盤の歪みに悩んでいるというデーターもあります。 骨盤が歪んで開く原因には、いくつかあり、出産などはもちろんの事ですが、日常生活の何気ない習慣の積み重ねも関係しています。人は無意識のうちに、ついつい自分にとって楽な姿勢をとってしまい、いつも同じ側の肩に鞄をかけていたり、足を組んで座る時に同じ足を上に足を組んでしまったりと、体の左右のバランスを崩してしまう行動をとっているのです。実は、骨盤の歪みに悩みながら、骨盤が開く原因を自ら作ってしまっているのです。 しかし、日常生活の習慣によって骨盤が歪み開いてしまうのでしたら、そんな習慣を見直して、日々少しでも気をつける事によって、骨盤矯正をすることが出来ます。 まずは、自分が行っている何気ない行動、習慣を見直してみて、何が骨盤の歪みの原因かどうか考え、その行動を意識して気をつけてみましょう。右肩ばかりに鞄をかけていたら、意識して左肩にもかけるように、足を組む時も組む足を左右かえてみるとか、とにかく体を左右バランスよく使えるように意識して行動してみる。仕事場や家でも、骨盤矯正の体操をやってみるなど、自分で出来ることを少しずつでも実践してみましょう。 骨盤が開くと内臓を支えられなくなり内臓下垂になり、そのためにいくらダイエットしても下腹が痩せずに、ぽっこり出てしまいますし、新陳代謝も悪くなるので太りやすくなり、足がむくんだり、冷えたりと、良いことなしです。 なぜ骨盤が開くのか原因をしっかり考え、日常生活をほんの少しでも意識して見直し行動する事で、急激な変化はありませんが、徐々に骨盤矯正されていき、新陳代謝が上がり、嬉しい事にダイエット効果も 期待できます。

Copyright(C) 骨盤が開くのが歪みを引き起こす All Rights Reserved.