開いていると肥満になる?

骨盤というのは普通はきれいなハートのような形をしています。呼吸をしたり運動したりするとともに、骨盤は開いたり閉じたりしますが、骨盤が開くというのは骨盤の形が四角く開いている状態のことを指します。普通の状態よりも大きく開いていて内蔵を支えることができなくなると、胃下垂などの腎臓下垂になって腸や子宮、膀胱などが圧迫されてしまい、その結果下痢や便秘、重症の生理痛や生理不順、さらには尿漏れなどを起こすこともあります。そして骨盤が開くと代謝が悪くなるので、肥満なりやすい体になってしまいます。筋肉や神経に負担をかけてしまい、腰痛や冷え症なども起こしやすくなります。さらに坐骨と連結している股関節もずれてしまうため、O脚やX脚、ガニマタや内股、猫背など見た目的にも印象の悪い姿勢を作る原因になってしまいます。そして骨盤が広がってしまうと顔の骨格にも影響を与え、顔が大きくなってしまいます。骨盤が開いてしまう原因として最も多いのが座り方の癖だと言われています。足をハの字にして床にぺたりと座る癖は、骨盤の開きの原因になっています。そして次に多いのが出産です。出産の際に開いた骨盤が産後も戻りきらないことがあります。いつも同じ足の組み方をしていたり、カバンを持つのがいつも同じ側だったりすると、自分でも気が付かないうちに圧力を加え続けてしまいます。眠るときに寝返りを打つといつも同じ側が下になったり、おかしな姿勢で寝る癖があったり、うつぶせで寝るのが楽だと感じる人は、すでに骨盤がゆがんでいる可能性があります。骨盤を守っている腹筋などの筋肉の力が低下すると骨盤が開いたままになってしまいます。骨盤が開くと、それまで骨盤に守られていた内臓が下がってきて、下腹がポッコリと出た状態になります。普段から運動で体を鍛えているという人でも、偏った筋肉だけを集中的に使っていると、バランスが崩れて骨盤のゆがみを起こす原因になることもあります。日常に取り入れやすい骨盤矯正グッズもあります。ただし、どんな骨盤矯正グッズを使用するとしても正しい使い方をすることが大切です。骨盤矯正効果を高めるためには自分の雷雨fスタイルに合った骨盤矯正グッズを上手に活用することです。

Copyright(C) 骨盤が開くのが歪みを引き起こす All Rights Reserved.